飲食業界の人手不足

スポンサードリンク

飲食業界内では現在は人手不足が続いている状態です。

飲食店も社員やアルバイトを常に募集しており、求人情報誌に出しても、まったく反応がない場合もあるという厳しい状況です。
特に深夜営業の居酒屋などは、アルバイトを雇うために、求人の広告費だけでかなりの出費をしているという話です。
数年前からうわさされていた人手不足の時代がとうとうやってきたようですね。

職種によって人手不足になってしまうその理由はなんでしょうか。
ただ単に若い人の数が減少しているのも原因の一つです。
また職業に対しての意識が変化している時代なのでしょう。
昔と違って正社員で働くことにそれほどこだわらない人も増えてきました。
フリーターと呼ばれる人も増えています。

それに追い討ちをかけるように団塊世代が退職します。
大勢の退職者が出たあとは若い社員の採用を積極的に行います。
すると結果、企業が人材を取り合い、それに負けた企業は人手不足となるのです。

よく考えてみればバブル時代にもこうした人手不足を経験しましたよね。
でもあの時代と違っていることは、労働者そのものが減少しているという問題です。
バブル期よりも現在のほうが大問題だと言えます。


人手不足の時代と言われている職種、飲食業界ですが、その中でも人材で困ったことのない企業ももちろんあります。
日経レストランで有名な居酒屋「てっぺん」。
その社長、大嶋氏も、人材で困ったことがないそうです。
またリクルート出身であり、携帯電話を介した飲食業に向けての人材採用サービスをしているキイストン。
この細見昇市社長は、現在の人手不足と言われているなかにも採用の方法はいくらでもあると話しています。
例えばどのような方法があるでしょうか。
店舗を持っているのならその存在を大いに活用することです。
例えば店内にアルバイト募集ポスターを貼ること。
レジにも「アルバイト募集中」の言葉を目立たせておくこと。
ウエブサイトで募集を公開しそのURLを書いたチラシをおいておくこと。

この方法で1日にも何百人の客数があるお店でしたら、その中の1%しか、問い合わせがなくても数人になりますね。
お客さんとしてその店に行ったことがあるのならば、知らない見たこともないお店で働くより興味は持てると思います。
ですからこの方法は確実かもしれませんね。

人材採用を手掛ける企業の話によりますと人材確保できるかどうかは最終的には、その企業の経営者自身がどれほどの熱い思いを持っているかによると言います。
経営者と話をする機会があるなら、これから就職しようと思っている人には、とてもよい機会だと言えます。
その経営者の熱意が大きければ大きいほど、その会社で働きたいと思うでしょう。
職種によっての人手不足解消はその経営者にかかっていると言っても過言ではありません。

スポンサードリンク

サイト内関連記事

レストラン経営
レストランを経営するに際して、経営者が考えることは形態と立地でしょう。そして、何......
顧客満足度の向上方法1
数多くある飲食店で生き残るには、従業員のサービスを向上させることにより、顧客満足......
顧客満足度の向上方法 2
顧客満足度を向上させるため、レストランでは様々な気遣いが必要となってきます。例え......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

レストラン経営.com:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://xn--zck4a8fj2b7554b153c.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。

安来市外構業者ならマエダプラスターズ

松江市でリフォームはFROG POWER